渡辺電機(株)

マンガ家・渡辺電機(株)さんの公式ブログです

鋼鉄の全裸中年旅団

帝都を襲った大雪のため交通機関がマヒしてしまい、会社から帰るに帰れなくなった渡辺電機(株)さんだが、転んでもただでは起きない。こんなこともあろうかと!会社のロッカーから引っ張り出したのは、ドクター中松考案のジャンピングシューズ。コイツを履け…

小さな天使たち

ママをいじめるおじさんを殺してください!幼い姉妹が思い詰めた表情で差し出した貯金箱には、おそらく1万円も入っていなかっただろう。だが、父親のいない子どもたちの見ている前で母親に手を上げ、なぐさみものにする男を、殺し屋は許せなかった。わかっ…

添寝の悪夢 午睡の夢

ゴリラの生き血を吸う吸血動物としてアフリカ奥地のジャングルで恐れられている渡辺電機(株)さんも、人件費削減の徹底を期した球団側の苛烈な査定の前では為す術もなく、来季の年俸はバナナ30本とタロイモやココナッツ、ヤシの実などを出来高に応じて受け取…

猛禽類の夜

相撲界に見切りをつけ、新小岩でふくろうカフェの経営に乗り出した横綱を訪ねた渡辺電機(株)さんが見たのは、身長2メートル近い全裸の巨体にふくろうのガラをペイントし、来客に「甘噛み」と称して噛み付き、肩や膝、足首の関節を粉砕してなぶり殺しにする…

キンキーアフロ

ゲッツ!ゲーッツ!!得意満面でポーズを決めながら花道から土俵へ駆け上がる、原色の黄色いスーツに身を包んだ渡辺電機(株)さんを見て、横綱は何とも言われない不安な気持ちに襲われた。おれの土俵入り、ブチ壊しにする気じゃねえだろうな。呆気にとられて…

てろてろ

もっとゲリラ風に生きてみないか。そう言って、ひょうひょうと時代を駆け抜けた怪人・野坂昭如。まさに時代と寝た男と呼ぶにふさわしい戦後メディアの寵児が、実は周到なプロデュースの元に演出された操り人形だったことは、あまり知られていない。あの黒メ…

大正文壇交遊録

文壇ストリートファイト第壱回大会は、大正伍年参月、文藝春秋社地下コロシアムにて行われた。文壇の重鎮・菊池寛の一回戦の相手は、最近「羅生門」「鼻」といった古典文芸を基にした短編小説で俄に評価の高まった新鋭、渡辺電機(株)さんだった。この才気に…

トルコの若大将

やあいトルコ嬢の息子やあいと囃し立てられ、泣きじゃくりながら友人達を追いかける渡辺電機(株)さん。一念発起して勉学に励み、苦学の末に外務省に奉職、遂に念願かなってトルコの日本大使館員となった。その時になって初めて、いわゆるトルコ風呂がトルコ…

さよなら渡辺電機(株)さん

持ち込みに訪れた出版社で、完全に新人と同じ応対をされ、ロビーで編集者を待ちながら、唇を噛んで屈辱に身を震わせる、ベテラン作家。チクショウ、天下の渡辺電機(株)だぞ!今行きますと言ったきり、一向に降りてくる気配のない編集者を待ちながら、渡辺電…

Genocide 三丁目の夕日

救急車をタクシー代わりに呼ぶ不届き者が問題になっているが、そういうのが表面化したのが最近というだけで、昔は無知と行政への甘えもあり、もっととんでもないのがいたに違いない。おれも思い起こせば、人気サークルの新刊が売り切れるだの、ウォシュレッ…

不滅の男

賽銭泥棒一筋40年、そろそろ叙勲の話もチラホラあるとかないとか噂になっていた渡辺電機(株)さんだが、盗んだ賽銭を元手に自ら建てた神社に設置した、賽銭泥棒対策の殺人光線や溶岩落とし穴が世の批判を浴び、こと自分の神社のことになるとまあなんたら度量…

クレイジーヤクザ2018

わしゃあこういうもんじゃがのう。そう言って男が小指の欠損した手をひらひらさせても、渡辺電機(株)さんは動じるどころか、おれはこういうものだ。そう言って、小指以外の全てが欠損した己の姿を、相手の男に見せつけた。小指だけの姿の渡辺電機(株)さんを…

男と女の一万年

ポルノで男と女がやってるあれ、やってみたいんすよ。という横綱の頼みに、じゃあ相互フォローのエーブイ監督紹介してやんよと安請け合いし、大喜びの横綱のおごりで寿司をたらふく食って帰ってきた渡辺電機(株)さんは、実はハナからSNSなどやっておらず、そ…

地獄刑務所脱獄犯

寝ぼう、買い食い、おねしょなど悪の限りを尽くして実刑20年食らったド悪党が、塀を乗り越えシャバに飛び出した!10百万億円の賞金首となった渡辺電機(株)さんは、雑居房で義兄弟の契りを交わした横綱白鵬と手に手を取って、迫り来る追手に次々と原稿依頼、…

折々の言葉

「クリリンのことかー」だの「何をするだアー」だの「マジ童貞ー」だの「三銃士を連れてきたよ」だの、マンガもネットも見ない木こり一筋50年のおれには、何のことだかさっぱりわからん。仲間内のくだらねえ隠語ではしゃぎやがって!そう言って男たちの首を…

破廉恥學園

メンヘラと天プラは似ていますね。たしかに!衣はサクサク、中身はジューシー、美味しいよねメンヘラ!いや、おれは語感の話をさ…。言いかけて、このパンチドランカーに何を言ってもムダだなと思いとどまり、メンヘラのポーズ!などと叫んで奇怪なヨガのポー…

事件記者ポンチャック

どうしても喋りたくねえってんなら仕方ねえ。コイツを使わせてもらうぜ。渡辺電機(株)さんの手に、注射器が冷たく光る。なにしろ、滅多なことじゃ手に入らねえハクネタだ!意地でも吐かせてやるぜ。そう言って、口をへの字に結んだまま震えている川端康成の…

夜明けの口笛吹き

平成初期の国政選挙に吹き荒れたマドンナ旋風、その次に来るのはプリンス旋風に違いないと読み、金の巻き毛のカツラをかぶり、白いタイツを履いて腰にサーベルを差し、紅いマントをヒラヒラさせながら政見放送に臨んだ渡辺電機(株)さんは、それなりに有権者…

死への舞踏やってみるかい

てめーはおれを怒らせた!言い終わらないうちに、渡辺電機(株)さんの身体は一回転して弾け跳んだ。鼻血をウズマキ状に噴射しながら宙を舞い、会議室の隅に落ちて、動かなくなった。貴乃花理事への仕打ちに怒って、相撲協会の理事会に飛び込んだはいいが、カ…

無国籍ロマンス

たーらこー!たーらこー!何やら懐かしい歌を絶叫しながら、薄汚れた巨大なテディベア人形を抱いて街をさまよう、ふんどし一丁の中年男。なあ若いの、将来こんなふうになりたくないだろう?でも、なるんだよ。そう言ってニターッと笑い、ヨダレを拭くと、ま…

日本沈没

袋に「増量中!」と書かれていたので大喜びでフルグラを買って家に帰って開けようとしたら、イキナリ玄関をブチ破ってアフリカゾウが入ってきて、おれの頭上から滝のようにションベンを降らせた。「増量中」と書いてあると思ったそれは、よく見たら「象尿中…

スピーディーズ・カミング

おせちと思ったらオロチだった!ギャーッ!!正月の実家で渡辺電機(株)さんを待っていた現実は、あまりにも残酷だった。まあ食うけどね、せっかく親が頑張って用意してくれたンだから…と、朝から大蛇をモリモリ食って元気いっぱいの渡辺電機(株)さん、今年は…

スーパースターはブロンドがお好き

夏真っ盛り!こたつに潜って酒粕の焼いたのをハフハフ食いながら紅白を見ていたら、ドアを蹴破って、バンダナを巻きホットパンツ姿のロッド・スチュワートが上がり込んできた。アンタおれをセクシーと思うかい?うるせえ帰れよと言っても聞こえないのか、こ…

土曜ワイド劇場

家政婦は見た!渡辺電機(株)さんを。だが、渡辺電機(株)さんだって家政婦を見ていた!どうだい、自分が人に見られる気分はよ。突然便所の小窓から顔を出した渡辺電機(株)さんにそう話しかけられ、びっくりして悲鳴も出ない市原悦子だが、排便は一向に止まる…

叶三姉妹の長男として生きて半世紀。妹の恭子も美香も、すっかり連絡を寄越さなくなったが、便りがないのは元気の証拠。顔が変わり果てようと、胸が人智を超えて大きくなろうとも、おれの血を分けた大事なファミリーであることに変わりはない。せめて一言、…

地上最大の決戦

日本で有名なミルコといえば何と言ってもデムーロ、クロコップ、そして渡辺電機(株)さんだが、この3人を大晦日に戦わせようなどと考えた猪木の発想の大胆さには、本当に感心させられる。予想外の組み合わせに超満員となった東京ドームで、名馬エイシンフラ…

ウルトラ7つの誓い

「電機(株)の父」と称して、おれとまったく同じ顔をして頭の両脇にでかいツノが生えている男が空からやってきて、電機の国に帰ろうとかほざくので、また政府のスパイの仕業だろうとアルミホイルで頭を包み、ホーミィで敵の電波を遮断することを試みたが、ツ…

キノコンガ

こうなったらテメーも道連れじゃいっ!そう叫んでベニテングダケの束にかぶりつき、もぐもぐ咀嚼しながら、口移ししようと追いかけてくる横綱から、泣きじゃくりながら逃げ惑う渡辺電機(株)さん。ついに稽古場の隅に追い詰められ、じりじり迫ってくる横綱を…

怪物たちの夜

モンスターエナジーの飲み過ぎで本当にモンスターになってしまった人たち同士でSNSで情報交換をする内に、一度オフ会を開きましょうという話になり、まあ実際にアキバの金の蔵でやったんですが、面白いことにモンエナの緑、青、白、オレンジでなんとなく派閥…

英雄夢語り

ベルリンにいるブライアン・イーノから国際電話があって、実は今デイヴィッド・ボウイのレコーディング中だが、ボウイが渡辺電機(株)さんと話したがっているとのことで、事態がよく飲み込めない内に、本人と替わった。ボウイは、レコーディングに一曲参加し…