渡辺電機(株)

マンガ家・渡辺電機(株)さんの公式ブログです

ゴースン鉄工所

現場責忍者としてドクロ忍者軍団を統率する渡辺電機(株)さんのストレスは桁違いで、胃潰瘍で慈恵医大病院に入院した際に見舞いに訪れた獅子丸に、仕事を辞めて書店員にでもなって好きな本に囲まれて暮らしたいとの夢を語ったというが、その誠実な仕事ぶりがゴースンに認められて後継者に指名され、事業を受け継いで組織を発展させた。日本征服の目的は果たせたが、本当に彼は幸せだったのか。彼が戦闘のさなかでも愛読していたという牧野信一「轡の内掛」は、今では初版本に数十万の値がついているという。

続きを読む

べとべとさん、お通りなさい

ヒタヒタと夜のあぜ道を歩いていた渡辺電機(株)さんは、いつしか背後からヒタヒタと同じ歩調で着いてくる誰かの存在に気づき、全身に粟立つのを感じた。お、おばけ?自然と早くなる足の運びに呼応して、背後の追跡者の歩調も同じように早くなり、ヒタヒタヒタヒタと同じリズムの足音のハーモニーに、時おり渡辺電機(株)さんのヒィンと漏らす泣き声が混じり、星ひとつ見えない暗闇の中の追跡行は、果てしなく続いた。闇がうっすら明けて、恐る恐る後ろを振り返ってみれば、なんてことはない、謎のおばけとばかり思っていたのは、横綱白鵬だった。幽霊の正体見たりなんとやらだね、と大笑いした二人は、カップ麺とコーラを買い、コンビニの駐車場で夜明けまで語り合ったという。

続きを読む

おれたちゃ怪獣だ!

なんだよまたテペト星人かよ!いらねえよバカや朗!一枚五円のくじ引き怪獣ブロマイド、引けども引けども、出るのはテペトやバニラ、初期ガバドンなどのスカばかり。とうとうモットーに反する一冊まるまる大人買いまで試みたが、50枚全てデットンの同じ写真が出るに及び、さすがの渡辺電機(株)さんも不信心な己を省みるに至り、今では敬虔なクリスチャンとして折伏にソープに、充実した日々を送っているという。 続きを読む

鮫!ホモ!チーズ!

人食いザメ、ホモの親戚、チーズ。渡辺電機(株)さんの苦手なものと言えばこの三つが有名であるが、お別れ会に横綱がこの三つ全てを持ってきたものだから、二人は大ゲンカになり、険悪なまま、渡辺電機(株)さんは転校して行った。それからニ十年。支度部屋に現れた渡辺電機(株)さんがホモになり、人食いザメの着ぐるみでチーズをムシャムシャ食っているのを見て、横綱は声を上げて泣いた。覚えてくれてたんや。相撲界と漫画界、離ればなれになっても、友情は変わらなかったのだ。

続きを読む

黄金の左

地元・七尾市の英雄、元横綱輪島大士さん講演会。おれがオーガナイズするイベントは初めてで緊張するが、商工会議所の人達の助力もあり、昭和の名力士の凱旋に近隣のお年寄りが集まって、場内は超満員。だが、楽屋に現れた輪島そっくりさん芸人の渡辺電機(株)さんは、輪島本人にビタイチ似ていないばかりか、カギ鼻の残忍な笑みを浮かべた好色な小男で、打ち合わせもそこそこにギャラの値上げとソープ接待の話を切り出した。ここまで不愉快な思いをさせられたのは初めてだが、いざステージに立ち、現役時代の支度部屋面白ばなしやプロレス時代の見聞記、馬場との確執話などで聴衆を沸かせる姿は、まぎれもない輪島大士その人だった。呼び屋冥利に尽きるとはまさにこのことで、以来何度か渡辺電機(株)さんにオファーを試みたが、返事はいつも身に覚えがないの一点張り。では、あの小男はいったい、だれだったのか…。

続きを読む

ドクター穴口診察記

包茎を治したいンです。思い詰めた表情で渡辺電機(株)さんに打ち明けた横綱は、その日のうちに全力士に噂を広められ、失意の内に相撲界を去った。さも当たり前と言わんばかりの得意顔で、横綱の代わりに土俵入りをやろうとした渡辺電機(株)さんも、力士や親方衆から「何様だ」「貴殿に資格なし」「破廉恥漢」「包茎」と罵られ、痩せこけた体に綱を巻いたまま、泣きながら国技館から逃げ出した。結局、誰も幸せになれなかった。己の愚かさを恥じた渡辺電機(株)さんは、一念発起して刻苦勉励の末に医大を卒業、美容外科のクリニックを開き、世のため人のために包茎を治し続けた。だが、彼が死ぬまで待ち続けた横綱は、ついに現れなかったという。

続きを読む

陰謀大国日本

紅白の審査員の話、ずいぶん前からお断りしてるのに、いまだにしつこい。今日もNHKから来たおっさんが呼び鈴を押し続けて、シカトしても帰らない。根負けしてドアを開け、紅白には出ないと今まで同様の答えを繰り返すと、相手はウンザリしたような演技で、だからそうじゃなくて料金をどうのこうのと言う。出る気がないなら金を出せってか?天下の国営放送が脅迫かよ!有無を言わさず、その場で110番してやった。駆けつけた警官の「ここじゃなンだし」というとりなしに応じてパトカーに乗ったが、気がついたら何故かこのおれが処刑台に…。天才のこのおれがなぜぇー!?

続きを読む