渡辺電機(株)

マンガ家・渡辺電機(株)さんの公式ブログです

霧の五次元

漫画の道をあきらめ、沖縄のもずく酢工場で働いていた渡辺電機(株)さんは、誤ってもずくタンクの中に転落してしまい、怪人もずく男と成り果てて沖縄の人々を襲った。だが、戦火にさらされ多くの命を失った悲劇を乗り越えた沖縄の人々は、そんな彼にも優しかった。民家を襲撃して甘酢をブチまける彼を、家族はナメクジチャンプルーを用意してもてなし、幼い一人娘はチョウセンアサガオの花を彼に手渡そうと、無邪気な笑顔で歩み寄った。いつしか渡辺電機(株)さんは沖縄の人々の暮らしに溶け込み、オニヒトデ漁の手伝いをしたり辺野古のソ連軍基地でもずく踊りを披露するなどして、人々を楽しませた。だが、別れの時はやってくる。コミケの抽選に受かったとの封筒を受け取ると彼は態度を豹変させ、人々の誘いも断ってもずく本の原稿に没頭し、素人目にもお粗末な24頁ほどのもずくイラスト集をでっちあげ、意気揚々と本土へ引き上げたが、コミケ会場にその姿はなく、今も消息はわかっていない。

続きを読む

天牌 死闘篇

あれ?あれあれ?あれれれれ〜〜?もしかして、あれ〜〜?また上がってるよオイ。困っちゃったなアッハッハー!連続三回の天和を上がって上機嫌の渡辺電機(株)さんを、対面の習近平主席が痛ましげに見やり、静かに首を振った。両隣のプーチンとトランプも何も言わず、じっと俯いていた。渡辺電機(株)さんの手牌は揃っているどころか、てんでんバラバラで、中にはドンジャラの牌や消しゴム、サイコロキャラメルなども混じっていた。国家予算を賭けた大事な麻雀の代打ちで、プレッシャーに負けて狂ってしまった渡辺電機(株)さんを、死刑にせよとの世論も起きたが、安倍総理は渡辺電機(株)さんを許した。どうせもう、日本という国は無くなったのだから…。どこへなりと行き、好きに生きるが良い。安倍総理が鍵を開け、檻から出してやると、渡辺電機(株)さんは軽く安倍総理に頬ずりしてからふわりと飛び上がり、一声「オマンコー」とさえずり、東シナ海の彼方へ飛び去った。

続きを読む

宇宙のウィリーズ

今では乞食に成り果てながらも、国を良くしたいとの情やみがたく、久々に自民党時代の盟友・小沢一郎に連絡を取ろうとした渡辺電機(株)さんだったが、小沢が自民を離れて興した新政党や民主党などの政党はことごとく消滅し、その消息を知ることは困難を極めた。かなり後になって協力関係にあったという山本太郎官房長官に尋ねても、無言でむき出しの尻を見せるばかりで、埒があかない。一郎よ、お前はいったいどこに行ったんだ。多摩川河川敷の段ボールハウスで星空を見上げ途方に暮れる渡辺電機(株)さんの頬に、一筋の涙が光る。平成30年の年月が、彼の栄光の日々を遠くへ押しやっていた。その時、月光をさえぎる黒い人影に振り返った渡辺電機(株)さんは、あっと声をあげ、立ちすくんだ。巨大な円盤から降り立った、銀色の宇宙服に身を包んだ男は見間違えようもない、小沢一郎その人だったのである。時は来たれりだ、電機さん。小沢の不敵な笑顔は、昔と少しも変わっていなかった。さあ、二人で地球を征服しようじゃないか。手に手を取って小沢に導かれ、渡辺電機(株)さんは円盤の中に消えた。それが30年前のこと。今、どうしているのか…。

続きを読む

うる星やつら

ダーリン許さないっちゃーーー!!国技館の土俵上に響く、横綱の野太い声。太い腕に埋もれるように抱きすくめられ、激しい放電に打たれ火柱を上げる渡辺電機(株)さんの体。結びの一番を務める横綱に見せつけるかのように、土俵下で栃ノ心の膝の上で甘える渡辺電機(株)さんの姿は、横綱の怒りに火を点けるのに十分すぎた。対戦相手の御嶽海は立ち合い当たって四つに組むと同時の、横綱の強烈なサバ折りで背骨をヘシ折られ、土俵上でくの字のエビ反りに折れ曲がり、口から血泡を吹いてピクリとも動かない。行事の木村庄之助は手刀で首を削ぎ落とされ、立ったまま断面から血しぶきを高々と噴き上げている。横綱はフと傍らで怯えて見上げる栃煌山に気づくと態度が豹変、黒焦げで煙を噴き上げる渡辺電機(株)さんの死骸を放り捨てると、お嬢さん住所と電話番号〜〜〜!と、素っ頓狂な声を上げて駆け寄った。おのれ横綱!たたっ斬ってくれるーーー!嫉妬もあらわに神谷明の声で絶叫し、日本刀を振り回し追いかける栃ノ心。渡辺電機(株)さんの命日にして、国技大相撲の、最後の日だった。

続きを読む

気ぃ狂て

一級大便嗅ぎ分け士の資格を得るために刻苦勉励、何年もかけて勉強して試験官に金一封も包み、もちろん協会の上層部にもそれ相応の金を握らせたのに、職を得るために何の役にも立たないことが分かって、渡辺電機(株)さんは絶望のあまり家にある五木ひろしのレコードを全て叩き割り、横綱から横流ししてもらっていた廃業力士のチョンマゲコレクションも捨ててしまった。いままでの20年がパーか…。なんだか却って、さっぱりしちゃった!むしろ清々しい笑顔で、阿佐ヶ谷駅前の雑踏でためらうことなく全裸になると、渡辺電機(株)さんは独特の大きなしわがれ声で「君は天然色」を歌いながら、蝶のように舞い踊り人混みの中へ消えていった。程なく銃声が何発も響き、ざわめきの向こうから響くパトカーのサイレンが、次第に大きくなっていった。

続きを読む

時そば

き、今日はみんなに転校生を紹介する…。自信なさげな担任の言葉が終らない内に教室のドアが勢いよく開き、学帽を目深にかぶり竹刀の入ったずだ袋を担いだ男が教壇に仁王立ちする。おれの名は、渡辺電機(株)だッ!!前の学園でいろいろ騒ぎを起こしちまってな、このガッコに転がり込んで来たぜ。まあしかし、どいつもこいつもウラナリの青びょうたんみたいなひ弱な奴ばっかりだね…。さて、おれの席はっと…、おっとあそこあそこ!一番うしろのあのカワイコちゃんの隣だ!じゃあ、よろしく頼むぜ!渡辺電機(株)さんに思い切り肩を叩かれてよろめき、辛うじて声を絞り出す担任。と、とにかくみんな仲良くするように…。ナハハハ、よろしくな諸君!などと笑いながらガニ股で一番うしろを目指して歩いた渡辺電機(株)さんが、突然大きな音を立ててひっくり返る。なな、何しやがんでい!通り道に足を差し出し、ニヤついている謎の男。クックック、これが俺様のあいさつさ、色男さんよ…。てめえこのや朗!胸ぐらを摑もうと手を伸ばしたまま、渡辺電機(株)さんは驚愕の表情で凍りつく。も、喪黒さん…?立ち上がったのは笑ウせぇるすまん、喪黒福造その人だった。渡辺さん、約束を破りましたねー。ドーン!!こ、これは違うんだその……ギャーーーーーッ!…四文損をしてしまいました。おあとがよろしいようで…。

続きを読む

青い体験

イタリヤには童貞はいないぜ。なんでかって?イタリヤを逆さに読むとヤリタイ!つまり、イタリヤ人はド助平ってことさ!渡辺電機(株)さんの小粋なジョークに、観衆は大爆笑と思いきや、偶然にもその日の客席にはイタリアおたく連合の団体客が来ており、渡辺電機(株)さんは激怒する観衆に土下座して、浅はかな偏見を謝罪する羽目に追い込まれた。天下に恥を晒し、コメディアンとしての人気も落ち目になった渡辺電機(株)さんは、その恨みをバネにゲーム実況ユーチューバーとして、再びスターダムを目指した。だが、三つ子の魂百まで。調子に乗った彼は、マリオを再三「イタリアの種馬」「ヤリチンヒゲダルマ」と揶揄し、任天堂とイタリアおたく連合の双方から巨額の賠償金を請求され、人生を棒に振った。

続きを読む