読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺電機(株)

マンガ家・渡辺電機(株)さんの公式ブログです

蒼い肖像

近所の広い公園に佇んでスマホをいじくっていると、いつの間にか日が暮れて、誰もいなくなった芝生に、おれの影が長く伸びていた。影はぐにゃぐにゃ揺れたかと思うと、ぷつんと足元から離れて、ゆらゆらと地面を泳ぐように流れていった。ははは、まるでウツボかウミヘビみてえだな。そんなことを思って笑っていたが、おれの影はそれきり何処かへ行ってしまった。影を無くしたおれはすっかり存在感をうしない、誰にも気づいてもらえなくなり、おれ自身にもどこにいるのかわからなくなり、次第に関心を失ってしまった。今では、その行方もわからない。

The Right Stuff, Middlesborough 1986

The Right Stuff, Middlesborough 1986