読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺電機(株)

マンガ家・渡辺電機(株)さんの公式ブログです

女帝

「とりま、そのへんアレして…」などと、すっかり曖昧な表現しかしなくなってしまった橋下徹に、もはや政治家としてのマジックは宿っていなかった。あの言霊は、いったいどこへ行ってしまったのか。「まあね、そっち方面でいろいろアレなんでしょ?ま、おいおいそのへんすりあわせて…。」んん、はいはいと小声でうなづくと、他の党首たちと目を合わせることもなく立ち上がり、「じゃあ、あとは。」背中を丸めてそそくさとスタジオから出て行く橋下徹を、もう誰も気に留める者は無かった。まさに心ここにあらず。NHKを出て、カツカツカツと小股に歩きながらセカンドバッグからコンパクトを取り出し、せわしげに頬をはたき、キュッと濃い目のルージュを引くと、もはや彼は立派な女の顔をしていた。道玄坂百軒店をめざして歩きながら、スマホで店に連絡を入れ、指名の状況を確認する後ろ姿には、女の世界で生き抜くプライドが宿っていた。

新曲や(´ω`)なにこれ…もはやカッコいいのか悪いのか、わからん。

Bing Bong

Bing Bong